言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

【蘇える変態】星野源「生きるとは、自分の限界を超え続けることであり、生きるとは、死ぬまで諦めないことである。」

【蘇える変態】 星野源

 

 「一部の人だけ聴いてくれればいい」なんてツマラナイことは死んでも言わん。「どんな方法でもいいから売れたい」なんて恥ずかしいことは死んでも思わん。自分が面白いと思ったことを満足いくまで探りながら、できるだけたくさんの人に聴いてもらえるように努力する。それが我が地獄における、真っ当な生きる道だ。生きるとは、自分の限界を超え続けることであり、生きるとは、死ぬまで諦めないことである。

 

 

 

 

わたしもあきらめない。

 

本の楽しさを、

本と自分との対話の面白さを

たくさんの人に届けることを。

 

 

 

もともと、わたしは諦めやすい性格で

「これ、無理だ」と数%でも思うと諦めてた。

 

少しでも、「出来ない」が脳裏によぎると

「出来る」よりも「出来ない」に頭の中が支配されていく。

 

 

 

『本当にそうなのかな?』と一回自分を疑ってみたの。

 

この疑うというのは

自分を信じるからできること。

 

 

『わたしは、そんなもんじゃない!』っていう

自分に対する信じる心があるからこそ

自分のことを疑ってみたの。

 

 

 

そしたらね

「本気で命をかけてやりたいことがわからなかった」

 

 

だから

何をやれば良いのかわからないし

どれも中途半端になっていく。

 

 

自分の好き・きらいも曖昧だから

どれでもいい になって

本当の好きを選べなくなる。

 

 

世の中の損得ではなくて

自分が本当に好きなものはなんだろう?

 

辞めなさい。と言われても

お金あげるから、それやらないで。と言われても

やり続けたいことって何だろう?

 

と考えたときに

「本を読むこと、本屋さんにいくこと」はやめられないと思った。

そして、本を読んでからの感想、自分の想いをめぐらせることも

同時にやめられないとわかった。

 

 

 

でも、これが世の中の役に立つのかなんてわからない。

 

 

この時点ですでに

人の評価を気にしている自分が登場しているんだ。

 

 

そうなる前に

まずは続けてみろよ。と内側の自分に怒られた。

 

 

 

だから続けていくのです。

 

 

自分の限界をこえながら

死ぬまで諦めずに生きていくんだから。

 

 

そしてやっぱり、このブログ

できるだけ多くの人に届けていきたいなぁ~

 

 

 

蘇える変態

蘇える変態

 

 

 

今までの本ことばのまとめはこちら。

 

 

kotoba-no-sekai.hatenablog.com