言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

たとえ、誰も味方でなくても

わたしは、わたし。

 

誰に

指図されようが

アドバイスをされても

自分が納得できることしか

受け止められないのが現実。

 

 

自分を成長させるには

今までの自分とは違う考え

思考パターンでの行動、

つまり、

素直になることが必要と

いわれているけれども。

 

 

最終的には

自分の感じることに

どれほど素直になれるか。

 

そこしかないと思うのです。

 

 

人の言うことに

素直になって

器を広げる方法もあるけれど

 

自分の感じるままを

信じて、従って

行動するほうが

勇気がいること。

 

人のせいに

いっさい、できないから。

 

 

つまり、

人は人に生かされるけれど、

自分の感覚を

いかに研ぎ澄まさして

それに従えるか。

の方が、、重要なのです。

 

 

 

わたしは、

こわいけど。

 

もしかしたら

誰もついてこないかも

しれないけれど、

 

それでも、

わたしの道を

わたしだけが味方になって

進むことにするんだ

 

 

先に景色なんて

今はわからない

 

 

それでも、

先をたのしみに

未来の自分に希望をたくして

進むんだ