言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

7/24 今日買った本たち

本屋さんに行くと

どうしてこんなにも

本が飛び込んでくるのでしょうか。

 

 

ただ、

ノートを買いにいっただけなのに。

 

ノートを買うついでに

(この「ついで」が曲者なんだけど)

本のコーナーを歩いたら。

 

 

案の定。

買ってしまいますよね。笑

 

 

じゃーーーーん!!!

 

f:id:kotoba-no-sekai:20170724200220j:plain

 

やっちまいました。

 

本、はやく読みたい。

そして、読んだら、

感想も一冊ずつに書いていきたい。

読書記録をつくりたい。。。

 

お、追いつかない(ノД`)・゜・。

 

 

 

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

虫眼とアニ眼 (新潮文庫)

 

 お二人の対談が

どんな風に展開されるのか、

それぞれの視点も知りたくて

中身も見ずに買いました。

 

 

 

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

奇跡の脳―脳科学者の脳が壊れたとき (新潮文庫)

 

 脳の仕組みの本は

いくつか読んでいて。

この本は

脳科学者である「わたし」の脳が

壊れてしまった。

 

脳の機能は著しく損傷し

言語中枢や運動感覚にも

大きな影響が・・・

その「わたし」の目線の

脳の障害があるものを

知りたくて買いました。

 

仕事がら

理学療法士もしていて

脳卒中の方のリハビリも行うので

患者さん側から見た世界をね

知りたいの。

 

言語中枢が壊れると

言葉の理解や

言葉の表出が難しくなるから。

それを、どんなふうに感じて

どう表現してるのか

めっちゃ気になるー!!!のです。

 

 

 

 

 

 「できる人の語彙力が身につく本」

(なぜか、リンクがはれない・・・)

 

よくある語彙力の本でしょ~

と、思ったんだけど。

 

パラパラと見たときに

タカ派」と「ハト派」のことが

書いてあって。

 

前に、

勉強会で

過去のアメリカの大統領を

タカ派」「ハト派」で説明してもらったときに

 

『へ~~、鳥で例えるんだ』

と、思い込んでたわたし!!!

 

それぞれに、

意味があるんだってば!!!

と、

あの時を思い出し、

知らないで理解したつもりになって自分が

急に恥ずかしくなって。

 

誰にも指摘されてないのに

本気で顔から火が出るかと思った。

 

語彙力、下さい。

と、降伏して、買いました。

学びます、精進します。

 

 

 

もし「右」や「左」がなかったら―言語人類学への招待 (ドルフィン・ブックス)

もし「右」や「左」がなかったら―言語人類学への招待 (ドルフィン・ブックス)

 

 言葉と文化って

密接な関係がありますよね。

 

そのあたりを知りたくて

GETしました、お勉強本。

 

 

 

潤うからだ (美人開花シリーズ)

潤うからだ (美人開花シリーズ)

 

 女性だからこそ

知っておきたい、からだの話。

 

膣とかさ、

自分の身体の一部なのに

なぜか、見ちゃいけないもののように

あつかっていないかな?って。

 

 

そうそう。

前には

 

ちつのトリセツ 劣化はとまる

ちつのトリセツ 劣化はとまる

 

 ↑

この本も読みました。

 

女性はね

自分を知るには

自分の膣を見て、触ることは

必須事項だと、わたしは思います。

 

膣が潤ってる女性は

からだもココロも潤ってるはず。

と、思ってるので

その情報収集です。

 

 

 

最後は雑誌。 

天然生活 2017年 09 月号 [雑誌]

天然生活 2017年 09 月号 [雑誌]

 

 

また、本関連の雑誌です。笑

どれだけ好きなんだよ。っていうね。

 

 

夢は、

雑誌に紹介されてる本を

全部集めて、

雑誌ごとの本棚をつくって

ブックカフェをひらくことでございます。

 

 

 

本のことを書いていくと

どんどん愛着が増しますね^^