言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

【ブスの「力」】石川香「人の評価をぜんぶ足したら、それが私になるでしょうか?」

【ブスの「力」】石川香

 

人の評価をぜんぶ足したら、それが私になるでしょうか?なりはしないですよね。だから、他人の評価なんて関係ないし、比較することを最初からあきらめる。そんなものは放棄すればいいだけなのです。

 

 

「人の評価=自分の評価」と

思い込んでいたあの頃のわたしに教えてあげたい。

 

(今でも、人の評価に振り回されてしまうことがあるので

日々、自分と向かい合ってはいるのですが)

 

 

人の評価に振り回されて

自分を失ってしまうほど

アホでもったいないことはない。

 

あの人があぁ言ったから。

この人がこう言ったから。

 

では、

あの人とこの人が

正反対のことを言っていたら

一体あなたはどっちを信じるの?

 

 

結局は自分じゃないか。

 

なのに

人の評価を基準にしてたら

自分はどこにもいなくなる。

 

 

わたしが、わたしを評価する。

それだけ。

 

 

このそれだけが

案外難しいんだけどさ。

 

 

小学校時代から

通知表で先生に評価されることに慣れている。

しかも、学校の枠にはめ込んだ評価。

 

枠からはみ出ようものならば

枠に無理に押し込められる。

 

それに慣れてしまったら

自分の判断なんてできなくなるよ。

 

 

親の目を気にして

先生の目を気にして

同級生と比べられて

評価されていく。

 

 

評価する人に基準によって

良いも悪いも変わるのに

それを忘れて

褒められたら喜び

叱られたら悲しむ。

 

 

そろそろ、

他人軸に振り回されるのは

卒業していいんじゃないか。

 

人と比較する必要はない。

 

 

自分で自分を評価する。

昨日の自分と今日の自分を比べる。

 

 

そういう生き方を

わたしはしていたい。

 

 

ブスの「力」 ―銀座の常識を破る逆転の法則

ブスの「力」 ―銀座の常識を破る逆転の法則

 

 

今までの本ことばのまとめはこちら

 

kotoba-no-sekai.hatenablog.com