言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

読書記録49【深呼吸の必要】長田弘

深呼吸の必要長田弘

 

深呼吸の必要 (ハルキ文庫)

深呼吸の必要 (ハルキ文庫)

 

 

吸い寄せられるかのように

本屋さんの平積みから

この一冊をとって、即購入。

 

いつもだったら、

本屋のすみずみまで回って

どの本を買うかを吟味するのに

この日に限っては

他のコーナーを巡回することなく

レジに向かった。

 

 

 

カフェで

ごはんを待っている間に読みながら、

深呼吸をした。

 

 

「いつから子どもでなくなって

いつからおとなになったんだろう?」

 

 

その問いを

そっと投げかけてくれて

いくつかの

「あの時じゃなかった?」

を教えてくれる。

 

 

 

確かに、あの時だった。

でも、あの時に急に

おとなになったわけでもない気がする。

 

 

いつの間にか、

ほんとう、いつの間にか

おとなになっていた。

 

 

でも、

子どもだった私のことも

私は知っている。 

 

なのに、

おとなになると

子どもだった、

あの頃の感覚が

薄れていってしまうんだ。

 

 

立ち止まって

深呼吸をして

思い出したくなる、あの頃。

 

思い出すと、

子どもの頃に

気持ちがワープできる。

 

 

幼い頃の感覚も共に

今を生きていこう。

と、思うんです。

 

 

 

この本、

1984年に出版されていたんですって。

 

深呼吸の必要

深呼吸の必要

 

 

30年以上も昔の本。

私が生まれる前の本。

 

なのに、

時空をこえて

そっと寄り添ってくれる。

 

 

あぁ、

やっぱり本っていいなぁ。

 

 

 

kotoba-no-sekai.hatenablog.com