言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

わたしの道

足元を見て、
自分の足で立っていることを確かめる。

 

他の誰でもない、
わたしを支えているのは
わたしの足たち。

 

自分でできることをやること

周りに出来ないことを助けてもらうこと

 

どっちかにかたよるのではなくて
そのバランスが大事なの

 

できることなのに
できないとして頼るのも違うし。
できないことなのに
自分ができるはずと、頼らないのも違う。

 

やってみないと、
わからないこともあるけれど。

 

どっちかに
決めつけちゃうのも
ちょっと違う気がするんだな。

 

わたしにできること。
ほかの人できること。

 

一緒のはずなんてありえない。

 

わたしにしかできない
わたしの才能をいかしていくしか
わたしを生きる道はないんだ。

 

わたしが生きる道は
わたしが選べる。

 

あなたが生きる道は
あなたが選べる。

 

f:id:kotoba-no-sekai:20180406070601j:image