言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

【ラリルレ論】野田洋次郎「合わないとこは合わないんだよ。 許すしかないんだよ」

【ラリルレ論】 野田洋次郎

 

「合わないとこは合わないんだよ。

 許すしかないんだよ」

 

こんな言葉をかけられた。ほんとそうだ。

これがわかってれば、きっと大丈夫なのに。

 

僕らはどれだけ相手に、期待して生きてるんだろう。誰かにわかってほしいんだろう。

人は皆違うからと言いながら、言い争いや喧嘩を繰り返す。

 

人は皆違うから、せめて大切なあなたにはわかってもらいたい。

僕が大事にするものを理解してもらいたい。自分、自分。そんなエゴがいるんだろう。

 

でも僕らは期待せずに生きずにはいられない。人間だから。わかってもらえた時の喜びを知ってるから。明日を生きなきゃいけないんだ。

明日を生きるのに必要なものは希望なんて言うと少し大げさだけど、それはほんのちょっとの期待なのかも。

 

 

 

誰もが

自分とは違うってわかっている。

 

わかってるけど

わかってほしい気持ちが

ニョキニョキと顔を出すことがある。

 

 

自分が大事にしてる価値観を

わたしが大事なあなただからこそ

あなたにも大事と思ってほしい。

 

共有したくなる時がある。

 

 

 

人はすべてにおいて

わかりあうことは不可能だ。

 

 

でも、

一瞬だけど

わかりあえる瞬間が

やってくることがある。

 

 

その後に

またわかりあえなくなるんだけど。。。

 

 

その、たった一瞬のために

わかりあえる喜びのために

わたしは生きているのかもしれない。

 

 

 

そして

自分の気持ちを自分でわかってあげると

相手に強要することが

少なくなった今がある。

 

 

自分は自分で生きているという自信

そこに

好きな人たちがいる喜び。

 

 

自分と違うからこその

彩りを添えてもらってることがわかって

なんだかね

それだけで幸せにもなれるんだ。

 

 

 

ラリルレ論

ラリルレ論