言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

「ほ」の詩【ほっとするから、ほっといて】

ほっとかれると

ほっとする。

 

わたしの

ひとりのじかんを

のほほんと

すごしていて

いいんだって。

 

 

 

ほっとかれると

ほっとする。

 

ちかくにいなくても

はなれていても

だいじょうぶだ。って

ほしょうをされた

きぶんになるから。

 

 

 

 

ほっとかれると

ほっとする。

 

ほらあなのなかに

ひとりでいたいときだって

だれにでもあるでしょ?

 

 

 

ほっとかれたくないときは

ほほをあかく

そめながら

「そばにいてほしい」って

いうからね。

 

ほんねを

いうからね。

 

 

そのときは

ほっとかないで

そっととなりにいて

ほっとさせてね。