言葉の世界

言葉から、世界を知り、世界を創っていくブログ

【きいろいゾウ】西加奈子「大人の基準って、誰が決めるんだろう。」

きいろいゾウ西加奈子

 

「そうか?大人は大人でけっこう大変やで。」

言って、また恥ずかしくなった。私なんて、ちっとも大人じゃない。洋子と張り合って、ムコさんに甘えて、セイカさんの前で大泣きして。大人の基準って、誰が決めるんだろう。ガス代とか電気代を自分で払えるようになったら?髪の毛を上手に編めるようになったら?裸で誰かと眠れるようになったら?きいろいゾウを、見なくなったら?

 

***

 

子供は、学校に行かなければいけないでしょ?お母さんと暮らしたり、好き勝手には生きていけない。でも、アレチさんや、ムコさんは、自由に生きてる。好きな場所で、好きな人と暮らしていける。もちろん大人は大変だろうけど、それでもぼくは、大人がうらやましかった。そんな風に思ったのは、初めてだったよ。ぼくはずっと、大人になるのがこわかったから。

 

 

 

大人になるって何だろう?

いまだに、その答えを見つけ出せない。

 

大人より、大人っぽい子どももいるし

子どもより、子どもっぽい大人もいる。

 

それは、

何の基準で判断しているの?

 

 

 

ひとつには

親の手を借りずに

生きていけるようになったら

大人になれた気がするだろう。

 

社会的な自立。

金銭的にも自立する。

 

親のもとにいたら、

ごはんの用意も洗濯も

全部親がしてくれるから

そこから自由にはなれない気がする。

 

 

いや、それはわたしの話ですね。

 

親のもとにいても

自分でやってる人はやっているでしょうし。

 

 

 

ただ、

小学生が

好きな人ができて

その日からその子と二人で住む!

とかはできないけど

 

大人だったら

好きな人ができて

その日から二人で住むことはできる。

 

 

生きる場所や共に生きる人を

自由に選べるようになる。

 

 

でも、

これが大人なの?って聞かれたら

「そうだ!」と確信をもっては言えない。

 

 

一部の要素ではあるかもしれないけど

全部ではないし。

 

 

そもそも、

金銭的に自立しているのに

実家に今もいるわたしは

親の手を借りている時点で

子どもになってしまうのだろうか?

 

それとも

好きな場所を実家としただけだから

大人になるのだろうか?

 

 

ん~、わからない。

 

 

大人と子どもの境界線なんて

はっきりと分かれていなくて

 

誰もが

大人と子どもの間を

行ったり来たりしてるんだろうな。

 

きっとそうだ。

 

 

 

そして、ひとつ思った。

 

親から見たら、

子どもはいくつになっても子どもなんだよね。

 

 

てことは、

親の親から見たら

親はいくつになっても子どもなわけで。

 

 

やっぱり、みんな

大人であり、子どもであるんだな。

 

 

きいろいゾウ (小学館文庫)

きいろいゾウ (小学館文庫)